一日でも早く届けたい!通常よりも早く郵便物を届けることができる「速達」とは?

「手紙をできるだけ早く届けたい!」
そんなお望みを叶えてくれる配達方法が速達です。

速達は日本郵便が提供しているサービスで、基本の配送料金に速達分の料金をプラスすることで、通常よりも早く届けてくれるという内容となっております。
通常の郵便物の場合は早くて翌日~遅くて3日ほどかかりますが、速達で出すことでおよそ半日~1日程度、通常よりも早く届けることが可能となります。

今は就職活動の時期ですから、履歴書の提出期限が近い!なんて方は速達で送ると安心ですよね。(※あくまでも就職活動は余裕を持って行動するようにしましょう。)

また、速達はどんなに早くても当日中に届くことは無いですが、午前中の投函でその日の午後5時までに配達してくれる新特急郵便というサービスもあります。
ただしこちらの新特急郵便は都市部(札幌市内・東京都区内・名古屋市内・大阪市内・福岡市内)のみのサービスとなっており、事前登録が必要です。
出版社や印刷会社など、早く書類を届けたい企業向けのプランということですね。

速達について、詳しい内容は以下のページをご覧ください。


<日本郵便ホームページ>
http://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/sokutatsu/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかの運び方情報はこちら