車が動かなくなった!ロードサービスは、まず保険会社へ!


最近の日本車はめったなことでは故障しませんし、故障が発生しても走行不能になるようなことはほとんどありませんよね。
ロードサービスなんて使ったこともないという方は多いんじゃないでしょうか。

しかし、そうはいっても万が一の時にはとても役に立つサービスです。
今日はそんなロードサービスのお話です。
任意保険会社の連絡先一覧も掲載しています。

ロードサービスとは

自動車やバイクで運転中に故障や事故、トラブルなどで走れなくなった時に利用するサービスです。キーのとじ込みやガス欠、バッテリー上がりの対応から、積載車やレッカー車を呼んで整備できる工場まで運んでもらうこともできます。
JAFや民間のレッカー会社、自動車工場などがサービスを提供しています。

皆さん意外と知らないのが、実は自宅で車やバイクが故障した場合にも使えます。
出先での故障や走行中の故障にしか使えないと思われている方が多いようですが、意外と多いのが
「自宅から外出しようと思った時にエンジンがかからない。」
「車をしばらく放置してたらバッテリーが上がってエンジンがかからない」
「キーを車の中に閉じ込めてしまった」
「エンジンをかけてもエンジンのチェックランプが消えない」
などの出発時のトラブル。実はロードサービスではこういったトラブルでもしっかり対応してくれます。

特に外車やバイクをお持ちの方はこのようなトラブルが多いんじゃないでしょうか?

ロードサービスの料金について

上記でロードサービスはとっても便利だとお話しました。
ただ、トラブル内容にもよりますが、非常に料金が高い場合があります。

ロードサービス料金:JAFの場合

JAF非会員の方がJAFのロードサービスを利用する場合の価格

メニュー 料金
バッテリー上がり 13,130円
パンク 13,330円
キー閉じこみ 15,230円
燃料切れ 16,770円
※サービスカー通行料・燃料代別途
故障車けん引 13,130円
※けん引料730円(1km毎)別途

ロードサービスの料金を調べる|JAF

例えば、会員じゃない人が18km先の知り合いの整備工場まで故障車の牽引をJAFに依頼すると、13,130円+(730円*18km)=26,270円掛かります。

かなり高いですよね。
でも、そこで放置しておくわけにもいかないですし。いざ故障するととっても困ります。

ロードサービスを呼ぶ前に、任意保険の契約内容を確認しましょう

そこでまずは任意保険の加入内容を確認してください。
自動車保険の附帯サービスによっては、無料でロードサービスが利用できる可能性があります。

さらに、利用した事による保険料の値上げ(等級が下がる事)はない場合が多いです。
保険会社により、いざという時に困らないように保険内容を確認しておきましょう。

任意保険のロードサービスとJAFのロードサービスの違い
任意保険は車両に、JAFは人にかけるものです。
実は、任意保険に加入してロードサービス特約にも入っているのに、ロードサービスを受けられない状況が存在します。
それは“ファミリーバイク特約”を付けた原付です。
自動車保険に加入しており、ロードサービス特約を付けた上で、ファミリーバイク特約に加入している場合、ロードサービス特約の範囲は保険加入した自動車までで、原付は含まれません。
そんな時でも、JAFは『人』にかけていますから、助けてくれます。

保険会社のロードサービスを受けるには、保険会社経由でロードサービスを依頼する必要があり、自分でレッカー会社などに連絡して手配すると保険会社のロードサービスを受けられませんので、保険会社にロードサービスの依頼をかけてください。

各保険会社ロードサービス連絡先一覧

事故や故障などによるロードサービスの連絡先を一覧にまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかの運び方情報はこちら