便利なサブスクリプションサービス!しかし落とし穴も!?

先日『花のサブスクってご存じですか?『FLOWER』で実際に注文してみた。』をご紹介しましたが、今や様々なサブスクリプションサービスがあるようです。
元々サブスクリプションは『定期便』という意味らしく、私もサブスクリプションサービスって定期的に何かが届くものだと思っていましたが、『定額制』という意味合いが強くなっているようですね。

サブスクリプションサービスの多様化

月額1,000円前後で映画やドラマが見放題の『NetFlix』や『Hulu』、月額980円で音楽聞き放題の『Spotify』などは実物ではなく、映像や音楽コンテンツの視聴が定額制となっています。
月額3,000円で何度でもコーヒーが飲める『coffee mafia』や、月額4万円で全国の運営住宅に住める『ADDress』など、商品が送られてくるだけではなく、自身が足を運ぶサービスもサブスクリプションと呼ばれています。
最近ではサブスクリプションサービスも多様化しており、料金は固定月額で様々な物が送られてくるサービスから、送られてくる頻度が決まっており回数に応じて料金が発生するサービス、レンタルする商品に応じて月額料金が設定されているサービスなど、料金形態も様々になっています。
携帯電話のデータ使い放題定額プランも『サブスク』と呼ぶのでしょうか…

サブスクリプションサービスでトラブルも発生している

サブスクリプションサービスの運営会社側のうまみというのは、さほど利用率は高くないが、『いつか使うかもしれない』という気持ちから解約できずに契約を続けてくれる点です。
しかし、中には

  • WEBから簡単に登録できたけど、解約方法がわからない。
  • そもそも解約画面が見つからない。
  • パスワードを忘れてしまい、ログインできないが毎月利用料を引き落としされている。

など、『やめたくてもやめられない』トラブルも発生しているようです。
特に悪質な物になると

  • 解約依頼画面がエラーで使えず、運営会社の記載がなかったり、連絡先の記載がない。しかし、利用料は登録したクレジットカードから毎月請求されている。
  • 1か月無料で利用できるので登録したが、知らない間に自動更新になっており請求された。

などのトラブルにもなっており、消費者庁でも情報が掲載されていました。

インターネットをめぐる消費者トラブル – 消費者庁
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/internet/

サブスクリプション・サービスの動向整理 2019年12月9日 – 消費者庁
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/internet/pdf/caution_internet_200319_0001.pdf
定期購入型電子商取引の動向整理 2017年12月20日 – 消費者庁
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/internet/pdf/adjustments_index_1_180111_0001.pdf

様々なサブスクリプションをどうやって調べたらいいの?

サブスクリプションサービスがたくさん登場し、同じ商品でも複数のお店でサブスクリプションサービスが実施されています。
どんなサービスがあり、自身にとってどのサービスが良いのか?そのサービスは安全なのか?調べるのも一苦労ですよね。
そこで便利なのが、様々なサブスクリプションサービスを専門で取り扱っているオンラインショッピングサイトです。

何が届くか、毎月ワクワク『subsc』

https://subsc.jp/
こちらは株式会社現代経営技術研究所が運営するサブスクリプションサービス専門のオンラインショッピングモールです。
登録されているサービスは『商品が送られてくるタイプ』のサービスばかりです。
特徴は『毎月1回・定額』となっており、「定期便に申し込んだけど商品が毎週届いて、思ったより料金がかかった」という心配がないので、安心ですね。
さらに、こちらのサイトに出店している業者さんには、運営会社が直接会った上で出店されているため、架空業者などのリスクが低いのも安心できるポイントです。

国のキャッシュレス化事業などで、隆盛を見せているサブスクリプションサービスですが、トラブルもたくさん発生しているようですので、皆さん気を付けてお買い物を楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかの運び方情報はこちら