首都圏のメルカリ利用者必見!一部の郵便局内に専用梱包コーナー「つつメルスポット」が設置されました!

フリマアプリ「メルカリ」を利用している方は多いかと思われますが、品物の梱包をするのが地味に大変だったりしますよね。

そんな方々に朗報です!
首都圏内の郵便局5か所(立川郵便局、光が丘郵便局、八千代郵便局、国立郵便局、美浜郵便局)に、メルカリで送る荷物を梱包するための専用コーナー「つつメルスポット」が2019年3月14日(木)から設置されました!
なんと梱包資材は無料!いちいち梱包資材を買いに行く手間も費用も省けますね。

「つつメルスポット」の利用方法は下記の通りです。

・出品する際の配送方法に「ゆうゆうメルカリ便」を選択します
・商品が売れたら、「つつメルすぽっと」が設置されている首都圏5か所の郵便局に、売れた商品を梱包せずに持っていきます
・郵便局に設置された「つつメルすぽっと」で、適切なサイズの梱包資材(「ゆうパケット」用)を選びます
・「つつメルすぽっと」で、商品の梱包をします
・梱包した商品に「ゆうプリタッチ」で出力した伝票を貼り、発送します

※「ゆうパック」サイズの梱包資材はご自身でご準備いただくか、または郵便局でご購入いただきます。

なおこのサービスは各郵便局の梱包資材がなくなり次第終了してしまうそうですが、今回の結果を踏まえ、各地域へのサービス展開も検討する予定だそうです。

対象の郵便局のお近くにお住まいの方は、ぜひご利用されてみてはいかがでしょうか?

参考:メルカリだより https://jp-news.mercari.com/2019/03/15/tsustumeru-spot/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほかの運び方情報はこちら